KAT-TUNがいる人生はこんなにも、素晴らしい

KAT-TUNという沼にハマって13年。所謂彼らのことを書き綴る超自己満ブログ。共感してくださる方や魅力を感じてくださる人がいて来れたらもんの凄く嬉しす。大人の階段を少しずつ登り続けてるいい歳した女の戯言をどうぞ。

KAT-TUN LIVE 2018

 

こんばんわんこ。

 

めぐみでげす。

 

 

いやーこーゆーのは勢いで書かないとまた書かなくなるから、、

 

 

そもそも、

このブログを書こう!と思ったのま単なる思いつきだったなーと懐かしく感じるものです。

 

2016.2.13

 

いきなりの充電発表!

あれは忘れもしないなー。

 

メール、3度見したもんな。

 

 

1回目スルーしちゃって、

いやいや充電期間てなんやねーん、て突っ込んでな。

 

へー、と思って違うことしよって

 

あれ?充電期間てなに?てふと冷静に思えて、

 

え、よくもう一回読もう。とか思って2度目見て

 

そこでやっと事態を把握して(我ながらアホ)

 

3度目を見て、項垂れた。という。

 

 

あー、懐かしい。

 

もうあんな思いしたくないなー。

 

巡り巡って2年経って2018.2.13はまさかの復活LIVEの当落発表日。

偶然なのか、狙ってくれたのか。

粋なことするの好きな人たちだから、きっと狙ってやったんだと思うけど。もし偶然なら運命感じるねー。

 

そんなわけで、めぐみたんは初日!参戦してきます。

 

この充電期間、亀梨和也のソロコンがあったわけですが、あれは参戦とかではなく、亀梨和也に会いに行ったコンサートでしたね。うん。通路側だったから、運良くハイタッチするようなタッチしてもらえたし(手を振ってたら移動するとき距離が近かったのでぶつかった感じ)

 

…まあハイタッチとは呼ばんわな。

 

でもあの白くてすべすべした肌には驚愕したな。

 

そこらの女より白いやないかーい!みたいな。

 

まあでも、やいのやいの騒がれたよね。

タッチしようとしたファンらによって亀梨和也が傷つけられている!!!とツイッターは荒れていたもんだ。

 

ご、ごめんなさいいいい私もさわってしまいましたああああ

 

とgkbrしたのはここだけの話。

 

 

 

:(;゙゚'ω゚'):

 

 

 

ライブ、というコンサートというか、魂!

 

 

そう、魂!!

 

楽しみですな。

 

 

どんなセトリなのか。

 

どんな照明で照らしてくれるのか。

 

 

正面スタンドの1番前当たんないかな。

なんて。2階席、3階席でもいいからスタンド真正面がよい。

 

KAT-TUNのLIVEの良さはスタンドが1番痛感できる。

 

うん。

 

ま、正直斜めでも横でも全然どこでも楽しめるけどね。1番!楽しいのは真正面スタンド。

 

構成にもよるけど、基本アリーナはうーん、て感じだな。本人たちは良く見えるけど。

 

例えば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、例えうまく思い浮かばんわ。

 

またいい例え考えとこ。

 

 

とりあえずKAT-TUNKAT-TUNのメンバーを見ればいい、なLIVEではないのですよ、みなさん。

 

周りあってこその、KAT-TUNだからね。

 

だから舞台、構成、照明、スタッフさん、様々なものが組み合わさったものプラスKAT-TUNのコンサートを観れるのが1番ステキな神席。

 

 

 

神席当たりますように!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、ごめんなさい。欲張りました。行けるだけで満足です。すみません。

 

 

 

 

 

全ステできる人たちが裏山。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず今日いいたいのは、KAT-TUNの皆さまにこれだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KAT-TUN愛してるうう!!

 

だからLIVEグッズいいの期待してるうううううううううううううううううううううう!!!

 

求婚(9婚)の時みたいな指輪のペンライト欲しすううううううううううううう!!!

 

ブレスレットみたいなペンラでもいいよおおおおおお!!!

 

とりあえずものすんごく期待してるううううううううん!

 

 

 

 

 

てなわけで、おやすみ。

 

 

 

ばいばいせこ。

 

 

めぐみ٩( ᐛ )و