KAT-TUN沼にどっぷり娘。

KAT-TUN沼にはまって11年。hyphenめぐみです。リアルでは言えない戯言なんかをのんびりと。だって、周りにhyphenさん誰もいないんだもの。熱烈に話したくなる時あるじゃないですか。まあ、所謂自己満足なぶろくです。是非共感してくださる方一緒にどっぷり娘なりましょ〜。

きっかけ。その2


おはようございます。

寝落ちしためぐみでございます。



ではでは、きっかけの続きに行きましょう。




さて、ごくせん2と出会いました。

確か2004?でしたよね。放送は。うろ覚えですみません。


ごくせんシリーズが大好きだった乙女めぐみは楽しみにしていました。

不良五人組のクオリティ…!

今思えばごくせんシリーズの中でも一番イケメンたちだったのでは…?とも思います。


当時の私は成宮寛貴さんや速水もこみちさんがカッコよくてかっこよくて!

当の亀梨和也さん赤西仁さんなんてアウトオブ眼中(死語)

赤西仁さんは松潤さんの髪型パクリじゃん!

似合ってない!なにこいつ!状態←

亀梨和也さんに至っては、綺麗な顔していらっしゃる…と羨望の眼差しでした←


現在all担の私めぐみですが、当初は亀梨和也さんをきっかけにKAT-TUN沼に片足突っ込むわけですが、

羨望の眼差しで見るだけで、カッコいいとかヤバイとかそんな感情は持ち合わせておりませんでした。


そうこうするうちに、ごくせん終了。


そして野ブタをプロデュース

そしてそして修二と彰…!


なぜごくせんでハマらず、修二と彰で?

と、お思いかもしれませんが。


きっかけはある日のMステでした。


長年hyphenをやってらっしゃる方々なら見たことある方もいらっしゃると思いますが、


修二と彰青春アミーゴ


その歌い始めを亀梨和也さんが間違えたあの回。

ほぼ間違えたままワンコーラス歌い終わり、気付く訳です。


あ、しまった。と。


その瞬間に見せられたあの笑顔。

あのくしゃっと笑うあの笑顔。




ずっきゅん。




もう、あれは恋に落ちたとしか言えない衝動です。


そう、私は亀梨和也さんが間違えた時に見せた、いや魅せたあのヤベェという笑顔にヤラレタ訳です。


片足突っ込みましたね。




ジャニーズって完璧集団のイメージな私からすれば、ジャニーズなのにこんな間違いもしてなおかつ心の底から笑っちゃうこともあるんだ、と感じました。



今でもたまに亀梨さんはライブでも間違えたりしますが…笑

それは私にとってはたまらなく幸せな時です。

完璧を、目指していらっしゃるとはおもうけど、

あの出会ったきっかけを思い出すので。



逆にあの日のMステを見ていなければ、

私は今ここにいないでしょう。



あの日から私の人生の中で亀梨和也さんという人をきっかけにKAT-TUNが居ないと生きていけない身体になってしまった訳で。



それくらいとても魅力あるグループでした。



そんなこんなで、これが私めぐみのKAT-TUN沼にハマるきっかけでした。



きっかけの次は、KAT-TUN沼に片足突っ込みましたがそれが抜けてしまうまでをまたどこかで語らせてもらおうかなと。



誰も見てないのに?笑



いいのです。自己満足だから。


ブログとはそういう自己発信の場でいいと思います。


まあちゃんとルールを守って楽しめたらなと思います。




以上!



ではまた٩( ᐛ )و





めぐみ